2005年 02月 28日 ( 4 )

こういうところで

1つの妥協点だと思う。

新司法試験、初年度合格者数は900~1100人(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0228/026.html

色々意見があろうが、落ち着くべきところで落ち着いたかなという感がある。

私は当事者であるので、これまで新司法試験の合格者数についての意見は差し控えてきた。今後も、あまり発信するつもりはない(情報についてはフォローしたい)。

ただ、あくまで私見だが、法曹資格についても、一定の能力がある人については、合格させてよいような気がする。LSの同世代と話している限りでは、そういう意見の方が多い。時代の変化だと思う。まあ、LSの中では、そういう意見が多いのは当たり前ではあるが。

合格者数につき、一定の幅を設けたことは、私は評価していいと思う。
一期生(と言っても、全ての受験者が「既修者」という特殊な試験)の出来具合を見た上で、決めるというのは1つの見識だろう。
また、LS当局やLS生にいい意味で緊張感を与えるかもしれない。

今後、ポイントとなるのは、
1)新司法試験の問題のあり方
 →サンプル問題を絶対視する必要はない。大いに議論されるべきである。ただし、LSの教授陣やLS生(受験生)としては、サンプル問題を軽視することもあってはならない。サンプル問題を踏まえ、柔軟に対応して欲しい。特に教授陣(あっ、通学校のことではないです)。
2)新司法試験の択一試験のあり方
 →現行司法試験と違って、足きり方式とするようだが、その基準はどの程度になるのか。これ次第で、択一対策がどの程度必要か見極めることになろう。
 また、択一問題の内容自体も、本当にサンプル問題のままでよいかか。検証される必要がある。

法曹資格のあり方については、司法研修所を含めた実務教育の在り方を含めて、検討する必要があろう(※)。

※「鶏が先か卵が先か」の議論と同じで、司法研修所があるから、LSは実務教育が手薄になりがちであり、一方で、LSの実務教育が手薄たがら、司法研修所必要論が出てくるのである。
[PR]
by meronpanss | 2005-02-28 22:59

近江先生も

近江幸治先生のテキストも、民法改正(現代語化+保証契約に関する改正)に対応する。

成文堂トップページ
http://www.seibundoh.co.jp/
※トップページの真ん中あたりに案内があります。

ところで、内田貴先生のテキストはどうなるのか?
[PR]
by meronpanss | 2005-02-28 13:49

今日の日経新聞

2005年2月28日付の日本経済新聞朝刊9面に、ライブドア・ニッポン放送問題について、中央大学法科大学院・大杉謙一教授(商法、証券取引法)のインタビュー記事があります。興味のある方は、ご参照ください。
[PR]
by meronpanss | 2005-02-28 13:46

自民党とNPO

時代も変化したものである。

自民、NPOと意見交換(日経新聞)
http://www.nikkei.co.jp/news/seiji/20050227AT1E2600627022005.html
[PR]
by meronpanss | 2005-02-28 00:06