興味深い本

関心のあるテーマ

宍戸善一・中野通明 編著『ビジネス法務大系 2 M&A ジョイント・ベンチャー』
https://sslserver.sbs-serv.net/nippyo/korekara/bookinfo.asp?No=2934

大杉謙一先生も執筆陣に。

私自身、法人・組織形態の選択と法律問題は興味関心あるところです。
[PR]
# by meronpanss | 2006-10-28 02:13

近江幸治先生・契約法第3版

現代語化等に対応しました。
また、サブリース契約あたりの記述も注目されます(近江先生は判例支持)。

近江幸治『民法講義V 契約法 〔第3版〕』(成文堂・2006年)
http://218.216.69.71/seibundoh/book_s/bookinfo.asp?No=2496
[PR]
# by meronpanss | 2006-10-24 20:08

最初と最後に読める本

勉強の最初に、勉強のまとめに。

高木光=常岡孝好=橋本博之=櫻井敬子『条文から学ぶ行政救済法』(有斐閣・2006年)
http://www.yuhikaku.co.jp/bookhtml/012/012739.html

意外かも知れませんが、勉強の最初に読む本と、まとめに読む本は一致することはあります。
この本もその1冊ではないでしょうか。

この本に限らず、「優れた」入門書は試験前にも役に立ちます。
入門書、あなどるべからず、だと感じています。
(ほかにも、三井=酒巻『入門刑事手続法』など)

行政救済法(国家賠償法、行政事件訴訟法)が独立の科目として設置されていないLSに通っている方にとっては、塩野先生、芝池先生レベルの救済法の本を読む時間もないかと思います。その場合、この本は役に立つと思います。

また、条文の順番に整理されているので、短答対策の知識整理ツールとしても威力を発揮するのではないでしょうか。
[PR]
# by meronpanss | 2006-10-23 22:31

インタビュー記事

心に染みるインタビュー記事でした。

『天使の卵』小西真奈美 単独インタビュー (Yahoo!映画。インタビュー)
http://movies.yahoo.co.jp/interview/200610/interview_20061019001.html
[PR]
# by meronpanss | 2006-10-20 12:53

今日のおやつ20061018

新製品のご紹介です。

パティシエ高木が想いを込めて大人に贈る2つのプレミアム ネスレ キットカット ショコラティエ 「ストロベリー&ナッツ」「抹茶&きなこ」10月16日(月)より期間限定で全国発売開始
http://www.nestle.co.jp/NR/rdonlyres/79A0DCBE-6713-48D2-8CB8-CABCD49C8D7D/0/060927_096_KITKAT.pdf

※pdfです。

既にスーパー等に並んでいます。私も今日買いました。
ただ、やや高いのが難点でしょうか。
[PR]
# by meronpanss | 2006-10-18 19:56

判例について考える

読んでみました。

田宮裕「刑事訴訟法における判例と学説」法学教室74号38頁以下。

判例の重要性を考える上で、有益です。
[PR]
# by meronpanss | 2006-10-13 21:33

新司法試験問題論文式の出題趣旨

平成18年新司法試験論文式試験結果 出題趣旨(pdfです)
http://www.moj.go.jp/SHIKEN/SHINSHIHOU/h18-013kekka.pdf

旧司法試験の出題趣旨に比して、詳細化している点は大変ありがたいです。
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-29 23:39

改訂

法科大学院生の多くが持っていると思われる、
『問題探求 要件事実』
『紛争類型別の要件事実』
の2冊が改訂されました。
民法改正等への対応だと思われます。

法曹会
紛争類型別の要件事実[改訂]
民事訴訟における攻撃防御の構造 発行所/法曹会
司法研修所 編
本体価格2300 発行年月 2006/09/30 サイズA5並製
頁数 150 ISBN4-1--

問題研究 要件事実[改訂]
言い分方式による設例15題 発行所/法曹会
司法研修所 編
本体価格1429 発行年月 2006/09/30 サイズA5並製
頁数 181 ISBN4-1--

※情報は成文堂のホームページから。
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-28 20:00

松宮先生の指摘

ひき逃げの重罰化か救護の緩刑化か?(天才たぬき教授の生活)
http://proftanuki.jugem.cc/?eid=159

飲酒運転による交通事故の死傷者を出さない、というのが一番の目的です。
その意味では、重罰化は全てを解決することにはならない、と考えます。
交通検問の強化など、重罰化以外の対処も求められるのではないでしょうか。
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-18 19:24

みてみたい映画

シュガー&スパイス
http://sugarandspice.jp/

ご存じの通り、立命館大学法科大学院はまもなく二条駅前に移転するわけであるが、その近くには映画館がある(TOHOシネマズ二条)。そこでも上映している。

ちなみに、最近みた映画は「ハチミツとクローバー」である。こう見えても、ハチクロフリークの私である。
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-17 17:25

今度はDVD

aiko ウタウイヌ 3
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000HIVSMY/sr=1-1/qid=1158240260/ref=sr_1_1/250-9667477-4485803?ie=UTF8&s=dvd

1.蝶々結び 2.アンドロメダ 3.えりあし 4.彼の落書き 5.かばん
6.花風 7.三国駅 8.Smooch! 9.キラキラ 10.スター
特典映像

All Songs Written & Words by AIKO
品番:PCBP-51858/価格:\4,095(tax in)
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-14 22:25

松宮先生の論文

新しい論文のご紹介。
法定刑引き上げに関する論文である。

松宮孝明「法定刑引き上げと刑罰論」立命館法学306号
http://www.ritsumei.ac.jp/acd/cg/law/lex/06-2/ok-matsumiya.pdf

※PDFです
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-13 12:54

倒産法選択者の方へ

やはり、手元においておきたい。
破産法改正に対応していると思われる。

倒産判例百選 第4版 別冊ジュリスト 
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=R0215823

著者/訳者名 青山善充 伊藤真 松下淳一/編
出版社名 有斐閣 (ISBN:4-641-11484-6)
発売予定日 2006年10月中旬
予定価格 2,520円(税込)

※ただし、10月下旬に出るかは、未定であろう。繰り下がる可能性は高い。
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-13 10:34

注目される論文集

まもなく発売の見込み。

潮見佳男=山本敬三=森田宏樹編『特別法と民法法理』 (有斐閣・2006年)
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=R0215826
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-13 10:28

法学セミナー10月号・倒産法特集

倒産法特集である。
新司法試験で倒産法選択者の方はもちろん、その他興味のある人は参照していただきたい。
ある実務家の先生によれば、倒産法は実務で必須とのこと。
※ただし、わが国には「倒産法」という法律はなく、「破産法」・「民事再生法」などの総称を「倒産法」と呼んでいる。

法学セミナー 2006年10月号(日本評論社ホームページ)
http://www.nippyo.co.jp/maga_housemi/hg0610.htm

倒産法の基礎知識

倒産法とは何か 中島弘雅
契約関係をどう処理するか――賃貸借を中心として 田頭章一
否認とはどのようなものか 三上威彦
倒産手続で担保権の処遇はどうなるか 本間法之
倒産法人の役員に対する責任の追及は 佐藤鉄男
事業の再生はどのようなものがあるのか 村田典子
個人の倒産処理手続――「自己破産」か「個人再生」か 近藤隆司
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-12 20:39

おやつ

「男おやつ」が常識に(ITmedia ニュース)
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0609/08/news091.html

気がつけばそんな時代に、といったところか。
私もこの「常識」の1人であるが。
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-10 00:16

報告書

米報告書:イラク旧政権とアルカイダの協力関係否定(MSN-Mainichi INTERACTIVE。
毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/kokusai/america/news/20060909k0000e030015000c.html

戦争の正統性が次々と崩れていっている。イラク戦争を無批判に支持した我が国も、他人事ではあるまい。
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-09 14:59

商法総則・商行為

商法と言えば「会社法」ばかりに目が行くが(それが自然)、侮れない商法総則・商行為。
短答試験では、手形法より出題されている頻度が高く、次年度以降、論文試験で問われる可能性も高い。

で、この1冊のご紹介。近時、最新版が出た。

山下眞弘『やさしい商法総則・商行為法 第3版』(法学書院・2006年)
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=31762365
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-08 14:42

YUKI「Wave」

出ましたね。

YUKI「Wave」
http://www.amazon.co.jp/Wave-%521d%56de%9650%5b9a%76e4DVD%4ed8/dp/B000GI3PSK/sr=8-1/qid=1157644155/ref=sr_1_1/249-2146521-1851507?ie=UTF8&s=gateway
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-08 01:07

縦割り

再度掲載。

日本私法学会第70回(2006年度)大会のお知らせ(日本私法学会ホームページ)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/japl/taikai70.html

ここで1つ疑問なのだが、民法財産法・会社法・民法家族法のシンポジウムが
同日・同時間に実施されていることである。
例えば実務家の中には、財産法も会社法も聴きたい、という人もいるであろう。
その点の配慮がされていない。

私は今年の刑法学会(開催済み)のプログラムも見たが、
刑法と刑事訴訟法のシンポジウムも同日・同時間に開催されていた。
(ただし、今年は断然に刑法の方が面白かったと思う。例え刑事訴訟法学者でも、
 刑法のシンポジウムに関心を持ったであろう)

すなわち、学会は未だ「縦割り」のようである。
学会がこんなようでは、新司法試験において融合問題は絶対できまい、と思った次第。
例え、これからの実定法研究者が新司法試験合格者で占められるようになっても、である。
[PR]
# by meronpanss | 2006-09-08 00:04