<   2006年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

友人からのメールに触発されて

大学学部時代の貴重な友人からメールを頂きました。昔の友人からメールをもらうのは、大変うれしいものです。
メールによりますと、広島に行き、原爆ドーム等へ行かれたそうです。

それで思い出したのですが、私も学部時代、広島に1人旅に行きました。そのときに別の場所で書いた文章の一部を引用して、友人への感謝の意を表したいと思います。
(もちろん、メールには後でちゃんと返信しますので、ご安心を>Kさま)
大学学部時代に書いたもので、不十分なところもありますが、ご容赦下さい。

タイトル「ヒロシマ」
「私はこの夏、広島に旅行した。暑い夏の日、広島の地を歩いた。
 原爆ドームを実際にみた。写真では何回もみたことがある。しかも、私は生でみたのもこれで3回目である。それでも、今、実際にみて、何か感じるものがあった。それを表現できない自分のもどかしさを今も恥ずかしく思う。
 原爆ドームの近くには川が流れている。被爆者が、水を求めて、この川に次々と飛び込んだことは想像に難しくない。57年前とはいえ、川の水は決してきれいだったとは言えないだろう。それでも、多くの人が飛び込んだのではないだろうか。「最後の望み」にかけて・・・。
 原爆ドームから歩いて5分ぐらいすると、「平和記念資料館」がある。正直、そのボリュームに圧倒された。遺品や残骸の一部や被爆者の写真が展示されている。単なるガラスの破片にも、私の目は注がれた。ここにある展示品の1つ1つに意味があり、重みがある。印象に残ったものは、被爆後の広島市内の写真である。被爆によって全ての建造物が破壊されたせいで、町並みが一望できてしまう。その写真に私は言葉を失った。
 今、自分が歩いている地(広島)で57年前、多くの市民が被爆にあった。その時、市民は何を考えたか。いや、「考える」という「人間らしい」行動する時間もなかったのではないだろうか。まさに、「核」は「人間」から「人間らしさ」を奪った。
(中略)
 ところで、私は原爆ドームをみて、不思議に思ったことがある。それは、原爆ドームが「反核・平和のシンボル」になっていることである。少なくとも、憎しみのシンボルではない。日本人はそれが当然のことと思うかも知れない。しかし、世界レベルで物事を考えてみると、不思議である。もし、アメリカに核が投下された場合、そこに残った建物は、決して「平和のシンボル」にはならないだろう。ナショナリズム高揚のための場所となるであろう。現に、残忍なテロの犠牲となった世界貿易センターの跡地は、決して「平和」のシンボルにはなっていない。むしろ、「憎きテロ」、「憎きタリバン」、そして、アメリカ人のナショナリズム高揚のためになっている。パールハーバーは、今も決して「反侵略戦争」・「平和」のシンボルとはなってはいない。今も「憎きジャップ」の象徴である。
そして、被爆者の声も同様である。「核のない世界」、「平和のある世界」を望む声は常に被爆者の方々か聞く。今回の旅行でも聞いた。しかし、「アメリカ憎し」を全面に出される方はいない。その高貴な考えは、どこから生まれてくるのだろうか。一方で、被爆者以外、さらには、戦争非経験者から「原爆を投下したアメリカに鉄槌を!」と聞かれることの方が多い。みなさんの中で、そう思っている方も結構いるだろう。
 時間は皮肉である。被爆者の「生の声」を奪っていく。いずれ被爆者はいなくなる。そして、そこに残るのは、「アメリカ憎し」だけかもしれない。「親米」の日本政府の一方で、「反米」の論調は強まりつつある。アメリカ押しつけ平和憲法に反発する「右」とアメリカ式資本主義に反発する「左」がいずれ協力したとき、「反米」へのベクトルは相乗効果を生むだろう。
(後略)」
[PR]
by meronpanss | 2006-11-25 22:48

aikoニュースその2

本日、11月22日。

aiko31回目の誕生日!!
おめでとうございます!!!

[PR]
by meronpanss | 2006-11-22 17:18

aikoニュース

お久しぶりのこの話題。

「aiko-だから私はドコモです」篇(NTTドコモホームページ)
http://www.nttdocomo.co.jp/corporate/ad/tvcm/061025_01.html

私もこれを機会に、ソフトバンク→docomoにしようかな。

ちなみに、「キスする前に」は、シングルではありません。
下記アルバム収録曲です。

aiko「彼女」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000GRUR78/sr=8-3/qid=1163831173/ref=sr_1_3/250-5287451-5173855?ie=UTF8&s=music
[PR]
by meronpanss | 2006-11-18 15:24

かぜ

周囲を見ていますと、風邪を引かれている方が多いように見受けられます。
気候が寒くなり、かつ、疲れのたまる季節なのでしょう。お大事になさって下さい。

なお、私は「まだ」大丈夫です。
[PR]
by meronpanss | 2006-11-17 17:59

「憲法であそぼ。」はできるか?

今更ながらこのblogのご紹介。

会社法であそぼ。
http://kaishahou.cocolog-nifty.com/blog/

現在、会社法入門の連載が続けられており、有益です。
既にお知らせしている通り、まもなく新会社法100問第2版が出版されます。

さて、安倍政権になって、注目されるのが憲法改正です。
政治主導と言いながらも、やはり何らかの形で官僚が改正作業に関与するでしょう。
(所轄官庁はどこになるのでしょうね?)
ふと思ったのですが、憲法が改正されたときも、「憲法であそぼ。」というように、立法(立憲?)担当者blogが出来るのでしょうか。

もし、できたとすれば、
「さらば、違憲審査基準」
「さらば、二重の基準」
「さらば、表現の自由の優越的地位」
というように、学習者の常識をくつがえすエントリーが紹介されるかも知れません。

ただ、憲法について、改正されるか改正されないかと言えば、改正される方向へベクトルは動いていますから、私の思いつきも、そう非現実的ではないような気がします。
[PR]
by meronpanss | 2006-11-15 19:06

NOMIKA物権法の訂正

新鋭若手による一冊があります。

松尾弘・古積健三郎=著『物権法』(弘文堂NOMIKAシリーズ 2)
http://www.koubundou.co.jp/books/pages/kbn0972.html

訂正表が出ました。お持ちの方はご参照下さい。

NOMIKA物権法(初版1刷。平成17年12月30日刊) 訂正表
http://www.koubundou.co.jp/books/furoku/kbn972sub_seigohyo.html

学部時代、私は古積先生の物権法を聴講しました。鋭い分析が光っていたのが記憶にあります。ただ、時間の関係で(先生のご専門の)集合譲渡担保あたりの解説がなかったのが残念ですが(ほとんどの物権法の講義は、譲渡担保に割ける時間がほとんどないようです)。
[PR]
by meronpanss | 2006-11-15 13:22

学説の選択

shoyaさんのblogより。

【刑法】 相当因果関係説についての覚書・その1(教えるとは希望を語ること 学ぶとは誠実を胸に刻むこと)
http://etc-etc-etc.cocolog-nifty.com/blog/2006/11/post_ef8a.html

国家試験や期末試験レベルでは、論理的にありえない説を除いて、どの学説をとろうが、受験者の自由だと私は考えます。
刑法の因果関係論の場合、客観的相当因果関係説を採用するか、折衷的相当因果関係説を採用するかで点数が変わることはないでしょう。

ただ、ある説を採用する場合、その説を、理由付けと共に正しく説明しているテキスト(基本書がベターでしょう)を参照することは必須だと考えます。
誤った定義、(本当は)理由付けにならない理由付け、反論になっていない反論を書くのでは、減点は避けられないような気がします。
要は説明の正確さ、が問われているのだと考えます。もちろん、基本書の文言を一言一句覚える必要はないと思いますが。
[PR]
by meronpanss | 2006-11-13 15:53

まもなく発売

勉強を始めたい人は、即座にご予約を。

新会社法100問 【第2版】
会社法立案担当者の会 (著), 葉玉 匡美 (編集)
(ダイヤモンド社)
ISBN:4478100284
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478100284/sr=8-1/qid=1163399266/ref=sr_1_1/250-5287451-5173855?ie=UTF8&s=books
[PR]
by meronpanss | 2006-11-13 15:30

譲渡担保に関する最新判例

当blogで紹介するのを忘れていました。

事件番号 平成16(受)1641
事件名 第三者異議事件
裁判年月日 平成18年10月20日
法廷名 最高裁判所第二小法廷
裁判種別 判決
結果 棄却

判示事項
裁判要旨 不動産を目的とする譲渡担保において,被担保債権の弁済期後に譲渡担保権者の債権者が目的不動産を差し押さえたときは,設定者は,差押登記後に債務の全額を弁済しても,第三者異議の訴えにより強制執行の不許を求めることはできない
http://www.courts.go.jp/hanrei/pdf/20061020143507.pdf

裁判所Watchによる紹介
http://kanz.jp/hanrei/detail.html?idx=979
[PR]
by meronpanss | 2006-11-11 22:09

訴因変更の要否の問題

このblogで、何度も取り上げている訴因変更の要否の問題について、再び考えてみたいと思います。

一般的な論証は、訴因制度の趣旨を踏まえた上で、具体的防御説を批判し、抽象的防御説を採用、するというものです。

しかし、最高裁の立場は、次の判例に現れています。
最決平成13年4月11日刑集55・3・127判時1748・175LEX/DB28065112
「次に,実行行為者につき第1審判決が訴因変更手続を経ずに訴因と異なる認定をしたことに違法はないかについて検討する。訴因と認定事実とを対比すると,前記のとおり,犯行の態様と結果に実質的な差異がない上,共謀をした共犯者の範囲にも変わりはなく,そのうちのだれが実行行為者であるかという点が異なるのみである。そもそも,殺人罪の共同正犯の訴因としては,その実行行為者がだれであるかが明示されていないからといって,それだけで直ちに訴因の記載として罪となるべき事実の特定に欠けるものとはいえないと考えられるから,訴因において実行行為者が明示された場合にそれと異なる認定をするとしても,審判対象の画定という見地からは,訴因変更が必要となるとはいえないものと解される。とはいえ,実行行為者がだれであるかは,一般的に,被告人の防御にとって重要な事項であるから,当該訴因の成否について争いがある場合等においては,争点の明確化などのため,検察官において実行行為者を明示するのが望ましいということができ,検察官が訴因においてその実行行為者の明示をした以上,判決においてそれと実質的に異なる認定をするには,原則として,訴因変更手続を要するものと解するのが相当である。しかしながら,実行行為者の明示は,前記のとおり訴因の記載として不可欠な事項ではないから,少なくとも,被告人の防御の具体的な状況等の審理の経過に照らし,被告人に不意打ちを与えるものではないと認められ,かつ,判決で認定される事実が訴因に記載された事実と比べて被告人にとってより不利益であるとはいえない場合には,例外的に,訴因変更手続を経ることなく訴因と異なる実行行為者を認定することも違法ではないものと解すべきである」

この決定について、大阪大学の水谷規男教授が平成13年決定について、次のようなコメントを最近されました。
「もっとも、この決定(平成13年決定)が登場したからといって、判例が訴因変更の要否について、抽象的防御説自体を排した、と見るのは間違いだと思います。罪となるべき事実の認定のために必要な事項については、具体的防御説ではなく、抽象的防御の不利益を考慮する姿勢があると考えられるからです(カッコ内省略)。つまり、この決定の射程は、罪となるべき事実の明示の観点から必ずしも必要でないディテールを検察官か゛訴因に記載しても、それと異なる事実を認定することが被告人にとって具体的な不利益をもたらさない限り、訴因変更は不要だといっているに過ぎず、訴因変更の要否の一般に及ぶものではない、ということです」(水谷規男「疑問解消刑事訴訟法12 訴因変更」法学セミナー624号98頁)。

平成13年決定をもって、抽象的防御説の考え方を全て排した、と考えるのは確かに妥当ではありません。その点の指摘はその通りだと思います。

しかし、水谷教授の説明には、次のような疑問があります。
それは、そもそも最高裁判所は、学説の言うような抽象的防御説を採用していたのか、ということです。
これに対しては、旧来から疑問が呈されてきたところです。
現に、抽象的防御説では説明ができない判例も存在しています。

そもそも、抽象的防御説と具体的防御説を対立概念でとらえること自体が、妥当ではないように思われます。
なぜなら、平成13年決定を素直に読めば、

訴因の特定に必要な事実の変更→常に訴因変更必要(抽象的防御の考え方)
訴因の特定に不要ではあるが、検察官が訴因に記載した事実の変更→審理の経過を考慮して、具体的な防御の不利益がないかで要否を判断(具体的防御の考え方)

というように、抽象的防御の観点と、具体的防御の観点は登場局面が異なっているわけで、両者を対立概念として考えること自体に疑問を感じます。

平成13年決定は、これまで明示されなかった判例の考え方を、具体的に明示したところにその意義があると考えられます。その意味で平成13年決定は、「今後の指針となる明確な基準を示した判例」(後掲・井上103頁)と理解するのが適切であり、水谷教授のように射程を狭く解するのは、判例の理解として疑問です。

参考文献
井上弘通「訴因の変更と要否-共同正犯の実行行為者」刑事訴訟法判例百選[第8版]102-103頁
大澤裕「訴因の機能と訴因変更の要否」法学教室256号28頁以下
[PR]
by meronpanss | 2006-11-11 15:42