<   2006年 08月 ( 40 )   > この月の画像一覧

「学力低下」「学力格差」?

公立小中校長の9割「学力格差、将来広がる」(YOMIURI ONLINE。読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20060830i301.htm

しかし、ここで言う「学力」とは何なのだろうか?
このような調査には一定の意義を有するだろうが、
「校長」のフィーリングだけで、議論を進めるのは危険であろう。

あと、正規の教育機関だけが「教育現場」というのはもはや古いのではないだろうか。
これほど塾・予備校が発達した中で、塾・予備校関係者を調査に入れないのも疑問である。

蛇足
学力格差に関連して、学力低下の問題についてコメントを。
私が考えるところ、昨今の学力低下の問題の本質は、
児童・生徒が「学校の勉強」に力を入れないところにあると考えている。
多くの児童・生徒は学校の勉強に意味がないと考えてるように思われる。

それに関連して、いわゆる「学力調査テスト」など何の意味もないと考えるべきである。
高得点をとったとしても、何らインセンティブのない試験に、力をいれる児童・生徒などいないわけである。
それゆえ、あのような試験結果をベースに議論をすするのは、全く意味がない。

学力低下の問題は、フィーリングだけで進めるのではなく、もっと視野を広めて議論を進めるべきであろう。
[PR]
by meronpanss | 2006-08-30 13:34

講演会情報

東京での開催ではあるが。

講演・説明会 「司法制度改革の成功を担う人材たちへ
           - 活躍の場となる各界からエールを送る」
http://www.lexisnexis.jp/seminar/lsseminar/

日程 : 2006年9月22日(金)
時間 : 13:00 - 18:00
場所 : 赤坂プリンスホテル 五色1F 赤瑛 (地図)
対象 : 法科大学院卒業生、法科大学院生(先着順)
参加費 : 無料
申込方法 : お申込みフォームより
事前申込をされていない方も、当日お気軽にご参加下さい。

講演者の内容は以下。
http://www.lexisnexis.jp/seminar/lsseminar/schedule.htm

蒼々たる面々大集合である。極めて注目される。

蛇足
予算と時間に余裕があれば、こういう企画には積極的に参加するようにしている。
一方で関西ではこういう企画はない。
関東と関西、近いようで実は遠い。(関西にいると)関東の情勢など、全く分からない。
[PR]
by meronpanss | 2006-08-29 21:10

『新司法試験の問題と解説2006』

法学セミナー編集部の担当の方から、わざわざご連絡頂いた。
早速、本日購入した。既に書店に並んでいる。

『法学セミナー増刊 新司法試験の問題と解説』(日本評論社・2006年)
http://www.nippyo.co.jp/maga_housemi2/commercial/zoukan.html

ぱらぱらと見てみたが、予想以上の内容である。
(てっきり、試験問題の論評程度のものだと思っていたが、そうではなかった)
もちろん、内容については色々意見があろう(熟読していないので、私自身の感想は避ける)。

蛇足
新司法試験問題はもっと検証されるべきである(例えば、要件事実を正面から問うたと「思われる」民事系第2問設問1)。1回目の新司法試験であり、良くない部分があるのはむしろ当然である。司法試験委員会に対しては、様々な関係者の意見を聞いた上で、よりよい問題を目指して頂きたい。
もちろん、司法試験委員会においては「譲れない線」はあると思われる。しかし、そうであるならば、積極的な情報開示を求めたい。特に、これからの受験生のために、論文試験の詳細な出題意図の開示、答案の傾向など開示されることが望ましい。
また、同時に、それぞれの法科大学院の教育内容も問われるべきであろう。「予備校では対応できない問題」だったとしても(しかし、これも検証課題である)、法科大学院教育で試験に対応できたかは別問題である。なぜなら、予備校と法科大学院は論理的択一関係ではないからであり、論理的には、予備校でも法科大学院でも対応できない問題の可能性もあるからである。
[PR]
by meronpanss | 2006-08-28 18:58

法律時報9月号

共謀罪の批判的検討である。

法律時報9月号
http://www.nippyo.co.jp/maga_houjiho/hr0609.htm

特集=「共謀罪」を多角的・批判的に検討する

組織的な犯罪の共謀罪――本特集の趣旨 高田昭正
憲法とテロ対策立法 木下智史
「国際組織犯罪防止条約」の批准と国内法化の課題 桐山孝信
近時の組織犯罪対策立法の動向と共謀罪新設の持つ意味 海渡雄一
英米法のコンスピラシーと「組織的犯罪の共謀罪」
  ――共謀の処罰 奈良俊夫
英米法のコンスピラシーと「組織的犯罪の共謀罪」
  ――共謀の認定 小早川義則
共謀罪の新設と刑法の機能 松宮孝明
共謀罪が犯罪論に及ぼす影響 浅田和茂
共謀罪の制定と捜査・警察活動 新屋達之

蛇足
ほとんどの論稿が関西の学者によって書かれている。
共謀罪について思うのは、関東の刑事法学者のほとんどが、「だんまり」を決め込んでいる点である。関西の学者が理論面から批判を立て続けに出しているにもかかわらず、関東の学者は何も語らない。不気味である。

※ご指摘を受け、訂正しました。「刑事法学者のほとんどん」は、(私の知る限り)存在していません。
[PR]
by meronpanss | 2006-08-28 18:39

ビラ配付事件・無罪判決

既に報道されているとおりであるが。

ビラ配布:「住居侵入」否定し無罪 東京地裁(MSN-Mainichi INTERACTIVE。毎日新聞)
http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/jiken/news/20060828k0000e040024000c.html

妥当な結論であると思われる。ポストへのビラ投函をもって、刑事罰を課すのは妥当ではないと私は考えている。
判決文を精査していないのでよく分からないが、判決は住居侵入罪の成立そのものを否定したようである(構成要件該当性そのものの否定)。

法務当局が、ビラ投函行為そのものを処罰する必要があるというならば、そのような処罰規定を刑法に設ける立法を提案すべきである。しかし、おそらくそのような立法は支持されないであろうし、例え立法府を通過したとしても、憲法上の表現の自由との観点から、裁判所で違憲と扱われるおそれがある。

それにしても・・・
今の30代から40代(前半)の検察官は、ほんとんどが予備校に通った経験があると思われるが、予備校(特にI塾)であれほど教えられた「表現の自由の優越的地位」「自己統治」「自己実現」はどこへ行ってしまったのだろうか?試験が終わった瞬間にそんな論証パターンは捨ててしまっのだろうか?実務に役に立たない論証パターンをひたすら覚えるなら、最初から「表現の自由など人権の1つに過ぎない」(判例はむしろこちら親和的?)、という論証パターンを覚えた方が、実務に役に立つのではないか?
[PR]
by meronpanss | 2006-08-28 18:29

aikoインタビュー&blog

aiko「心の目盛りと恋の歌」|スイッチ・オン・エキサイト(SWITCH ON Excite)
http://switch.excite.co.jp/060820/interview/next/01.html

aiko「デジカメ日記 フォト・グラフィティ(photo-graffiti)」:SWITCH ON Excite
http://blog.excite.co.jp/switch-aiko/
※このblogは期間限定です。
[PR]
by meronpanss | 2006-08-28 00:56

日本私法学会

今年は大阪市立大学で開催される。
今年のシンポジウムは極めて興味深いテーマである。

日本私法学会第70回(2006年度)大会のお知らせ(日本私法学会ホームページ)
http://wwwsoc.nii.ac.jp/japl/taikai70.html

Ⅲ シンポジウム(10月9日,9時30分~17時)
(1) 「契約責任論の再構築」(責任者: 京都大学教授 潮見佳男)
(2) 「新会社法」(責任者: 東京大学教授 岩原紳作)
(3) 「遺言事由の原則と遺言の解釈」(責任者: 大阪大学教授 床谷文雄)
[PR]
by meronpanss | 2006-08-27 00:40

ご注意下さい

「飲みかけ放置」3~4割=ペットボトル、開栓後は雑菌繁殖-業界団体調査(Yahoo!ニュース。時事通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060826-00000009-jij-soci
[PR]
by meronpanss | 2006-08-26 12:40

商事法務8月25日号

注目されよう。

商事法務8月25日号(No.1775号)
http://www.shojihomu.co.jp/shojihomu/shojihomu060825.html

■日本私法学会シンポジウム資料
新会社法の意義と問題点
Ⅰ 総 論
□岩原紳作・東京大学教授
Ⅱ 定款自治の範囲の拡大と明確化
□宍戸善一・成蹊大学教授
Ⅲ 株式の多様化とその制約原理
□野村修也・中央大学教授
Ⅳ 会社の機関
□神作裕之・東京大学教授
Ⅴ 会社法と資本制度
□弥永真生・筑波大学教授
Ⅵ 組織再編
□藤田友敬・東京大学教授
[PR]
by meronpanss | 2006-08-26 00:35

OriconStyle最新号

aikoが表紙。

oricon style 9月4日号 定価310円(税込み)
http://www.oricon.co.jp/publications/p-oriconstyle.html
[PR]
by meronpanss | 2006-08-25 19:52