<   2004年 09月 ( 78 )   > この月の画像一覧

気になるニュース

司法試験順位開示「合格者にも」 東京地裁が国に注文
http://www.asahi.com/national/update/0929/036.html

ちょっと引用
「口述試験に先立つ論述試験の場合も、合格者には総合得点や総合順位ランクのみが通知されている。この弁護士は、論文試験の科目別得点なども開示するよう求めたが、判決は「合格者の科目別得点がわかれば、高い得点を得た受験生から集めた情報を下に予備校が答案解答例を作って受験指導をし、受験生の答案がますます画一化しかねない」と述べ、国の非開示処分を妥当だと判断した。」

裁判所にまで指摘された「答案画一化論」・・・。

※本当に蛇足※
現行司法試験の論文答案は特定物か不特定物か、答えよ。とこんなギャグを言うと、またまたまたまたまたまたまたまたまたまたKyousum氏から条文などを使って反論されるので、この程度にしたい。

※情報提供はK君。感謝。
[PR]
by meronpanss | 2004-09-30 00:06

法科大学院生にとっての新学期

新学期
冥土への一里塚
めでたくもなし
めでたくもなし
[PR]
by meronpanss | 2004-09-29 01:22

ハードケース

刑事過失、監督者の責任、検察審査会と公訴権など様々な論点が含まれている事件である。

元明石署長ら再び不起訴-花火大会事故で神戸地検(東京新聞)
http://www.tokyo-np.co.jp/00/detail/20040928/fls_____detail__070.shtml
[PR]
by meronpanss | 2004-09-29 01:16

こんな裏技が

あったんですねえ。しかし、みんなが気が付いたときには、廃止されるのです。

<郵便貯金>1円未満の利子、切り捨てへ(Yahoo!ニュース。毎日新聞)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040927-00000109-mai-bus_all

9/27付:郵便貯金の利子の端数計算方法の変更について(郵政公社ホームページ)
http://www.japanpost.jp/pressrelease/japanese/kawase/040927j301.html

※小泉改造内閣がスタートした。私は政治評論家でもないので、的確なコメントはできないが、郵政民営化への意気込みが感じられることは確かである(郵政民営化がいいのか悪いのかは、現時点ではコメントを避けたい)。
[PR]
by meronpanss | 2004-09-28 01:15

命名の問題

「希望の命名できず」と国提訴=人名漢字拡大でも漏れる-名古屋
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040927-00000368-jij-soci
[PR]
by meronpanss | 2004-09-27 20:03

逆転有罪判決

藤沢の女性死亡事件、二審は逆転有罪判決 東京高裁
http://www.asahi.com/national/update/0927/008.html

この事件は、捜査のあり方、民事事件と刑事事件の事実認定の差異など様々な課題を与えてくれた事件である。
[PR]
by meronpanss | 2004-09-27 12:14

これはいけない

こういうことがあるから、「法曹の質の低下」と言われるのである。まあ、現行司法試験において、「量刑」の問題は出ませんからねえ・・・。

千葉地検の検察官5人に厳重注意 法超す刑期、罰金忘れ
http://www.asahi.com/national/update/0927/006.html

※と思いきや・・・
 現行司法試験でもこれらの問題は出るらしい。だったら、これらの検察官は試験が終わったらすべて忘れてしまったということか。指摘は恒例のKyousum氏。感謝。
[PR]
by meronpanss | 2004-09-27 12:12

急激な展開

捜査は終結したかと思いきや、急激な展開。

村岡元長官を在宅起訴 1億円隠し、元首相ら3氏不起訴(朝日新聞)
http://www.asahi.com/national/update/0926/006.html

村岡元長官を在宅起訴 1億献金隠しで東京地検(Yahoo!ニュース。共同通信)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040926-00000048-kyodo-soci

村岡氏、報道陣詰め掛け緊迫(Yahoo!写真ニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20040926-02067884-jijp-pol.view-001

しかし、疑問に残る点もいくつかある。
1.(村岡元官房長官自宅の)捜索の翌日の在宅起訴。あまりにも早すぎる展開ではないか?
2.報道によれば、村岡元官房長官は起訴事実を全面否定している。なのに、在宅起訴(身柄に対する強制捜査はなし)。法律上はありえなくはない処分ではある。だが、これまでの検察の捜査の常套手段は、被疑事実を認めないと、身柄を確保(逮捕・勾留)し、逆に、被疑事実を認める代わりに在宅起訴という流れではなかったか。

あえて推測すれば、政界ルートの捜査が行き詰まった検察当局が、世論の批判をかわすために、かつての政界実力者に刑事処分を下したとも言えなくもない。

村岡元官房長官は、前回の自民党総裁選挙で((旧)橋本派なのに)小泉総裁支持に走った人間の1人である。野中広務氏から「毒まんじゅうを食った」とも言われたことは記憶に新しい。ある意味、(旧)橋本派にとって裏切り者であるから、(派閥幹部から)不利な供述が出てくることはありうるだろう。

※なお、メディアは刑事被告人のことを「○○被告」とよく言うが、刑事裁判では「被告」とは言わない。正確には「被告人」である。今日のマメ知識(って言うけど、このblogサイトの常連の方々は既にご存じですね。すいません)。
[PR]
by meronpanss | 2004-09-26 14:38

近江先生の担保物権法

近江幸治先生の担保物権法のテキストが近く出る。2003年度の担保・執行法改正に完全対応のテキストである。
http://www.seibundoh.co.jp/

これで、近江先生シリーズでも民法財産法を一通り勉強できることになる。
近江先生のシリーズは、成文堂で統一されるようである。それでは、これはどうなるのだろうか?↓
http://www.koubundou.co.jp/books/pages/kbn1317.html
[PR]
by meronpanss | 2004-09-26 02:39

郵便法再審事件について・補足

前回の「判断を避ける」につき、さらに以下2つのblogサイトからトラックバックして頂いた。感謝。

Little by little and bit by bit
http://blog.livedoor.jp/i_box/archives/7161788.html
※当サイトは時事情報が速い、とのお褒め言葉を頂き、感謝。

猫の法学教室
http://sakaba.chu.jp/blog/archives/2004/09/post_24.html
※詳細なコメントがあり、参考になる。

今回は新聞報道が先行したわけだが、最高裁の判断(?)で議論は終息していくと思われる。

ただ、今回の事件を通じて、違憲判決の効力論について、もう1回考える必要があると私は感じたものであった。実は違憲判決の効力に関する「個別的効力説」(完全通説。司法試験受験界でも同様)には、(私にとって)いくつか不鮮明な部分や疑問があるので。

ただし、試験答案においては「個別的効力説」で書くことを薦めます。
[PR]
by meronpanss | 2004-09-25 04:40