キラキラとした輝き

多くの人は、平凡な日々を過ごしている。簡単に言えば、多くの人は何不自由なく暮らしている。
しかし、不自由なくても不満はある。それが多くの人間の心境なのだ。

私たちは何に不満なのか。何が足りないのか。ふと考える。
そんなことを考えつつも、今年もクリスマスがやってきた。
年に1日だけの大きなイベント。誰もがクリスマスということを意識する日。

街中はクリスマスのイルミネーションでキラキラと輝いている。もちろん、イルミネーションは人の手によって「作られた」世界に過ぎない。
しかし、それでも多くの人たちが、クリスマスのイルミネーションに何かを感じ、何かにときめくのは、なぜだろうか。それは、自分にないものだからだ。人間は自分にないものにあこがれを感じる。クリスマスのイルミネーションのキラキラとした輝きは、自分にないものが何かを教えてくれる。

そして、今日の夜。キラキラとした輝く明かりを照らしながら、「全ての人」にサンタクロースはやって来る。サンタクロースは「全ての人」に輝きを与えてくれる。
[PR]
by meronpanss | 2006-12-24 16:29
<< ケースブック行政法[第2版]と... 再び訴因変更の要否の問題 >>