刑事手続法の論点

という連載が、「刑事法ジャーナルであります」。執筆者は川出敏裕・東京大学教授。別件逮捕・勾留で優れた論稿をお持ちの方です。

この連載は、隔号連載なので、未だ第2回。

第2回は
「訴因の機能」刑事法ジャーナル6号120頁以下
です。
[PR]
by meronpanss | 2006-12-14 17:16
<< メッセージ 被疑者国選弁護制度 >>